トップページ >  > ミュゼのVライン脱毛のドキドキ体験談!

ミュゼのVライン脱毛のドキドキ体験談!

緊張しまくり!Vライン脱毛体験

Vラインももちろん初めてだったので、とにかく緊張していました。痛みよりも心配だったのは、恥ずかしさ!
私が緊張しているのもスタッフさんに伝わったと思います(^_^;)では、実際の様子をご覧ください♪

Vライン脱毛の前のムダ毛処理方法

▼ミュゼでVライン脱毛をしたいのであれば、事前に脱毛できる範囲を知っておくと、自己処理もしやすくイメージが沸きます。 ミュゼでは、Vラインプレートなる透明の台形のプレートが貰えます。これを自分のアンダーヘアの上の乗せて、そこからはみ出た「毛」がビキニラインで処理して貰える範囲です。



Vラインコースで脱毛できる範囲について

まずは脱毛する範囲の確認(Vラインプレートを当てて確認していたと思います)をして、ペンで印をつけてから処理に入っていました。事前に渡されるVラインプレートで、直接肌に当ててみて処理できる範囲を知ることができます。「ライン」というからには本当に一直線しか脱毛できないだろうな...と思っていましたが、意外と広範囲を脱毛できるみたいで嬉しかったです♪
脱毛する時に、もしも傷などがある場合はそこを保護するテープを貼ってくれます。肌荒れしやすい部位なので、スタッフさんもじっくり確認をとってくれていたみたいです。


スタッフさんにはどこまで見られる? スタッフさんはもちろん女性ですし、きちんと配慮してくれるから大丈夫でした^^
紙のショーツを用意してくれているのでそれに履き替えます。紐で寄せられるようになっていて、ずらして処理を行っていました。


この紙パンツ、ミュゼは無料でしたが、他のサロンではけっこう有料なところが多いみたいです。 有料といっても100円程度なんですが、ミュゼは低料金なサロンなのにこういったサービスには妥協がありません。とても好印象です(^^ゞ


Vライン脱毛の痛み

そして照射。ワキは全く痛みを感じなかったのですが、Vラインは毛の太さがあるのでどうかな...?と少し心配でした。光を当てると、さすがに何も感じないということはなくて「パチッパチッ」と毛に反応して、はじくような刺激を感じました。ワキよりは強い刺激でしたが、痛い!というほどではなかったです。反応して刺激が少しあった、という程度でしたね。
回数を重ねていけば毛が細くなって、だんだんそれも無くなっていくとのことでした。


お手入れ中に勧誘はされるのか!?

Vラインもワキと同じく、光照射の後はジェルを取ってクールダウンし、アフターケアという流れでした。カウンセリングの時は「勧誘が無い」と書いたんですが、脱毛中にあるんじゃ...?と思っていましたが、これも全くなかったです! 今度こんなコースが始まりますよーとかいった、軽い紹介くらいしかありませんでした。だからすごくリラックスして脱毛を受けられました。


いきなりアンダーヘアの形を変えるわけではない

ミュゼのVライン脱毛は、あくまでもサイドの部分になるので、▼の形の上の部分(トライアングル、またはTライン)は別途料金が必要です。 それでも、サイドだけでも結構処理は出来るので、アンダーヘアの脱毛が初めての方にはおすすめ。 いきなり、形も決めれない!どのくらい毛が無くなるのか?わからない人にはお試しで体験する価値はアリ! いまや、女性の常識と言われるアンダーヘアの脱毛。ビキニラインくらいはしっかりと脱毛しておきたい部位ですね♪


ミュゼの脱毛を徹底調査!体験レポート